09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
< >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.04 *Wed*

昨日娘の宿題を手伝って
パラリンピックのことを調べていました

wikipediaによると(抜粋)
「パラリンピック」(Paralympic)の名称は、半身の不随(paraplegic)+オリンピック(Olympic)の造語だが、半身不随者以外も参加するようになったため、1985年から、平行(Parallel)+オリンピック(Olympic)で、「もう一つのオリンピック」と解釈することになった。

オリンピックと違いパラリンピックには障害の度合いに応じた階級が存在する。たとえば、肢体などの障害の場合は「LW」や「LC」等の競技ごとの記号+度合いを数字で表す。障害種は「運動機能障害」「脳性麻痺」「切断など」「視覚障害」がある。現在は聴覚障害者・知的障害者・精神障害者はパラリンピックには出場ができない。

シンボルカラーは赤・緑・青。それぞれ、赤色が心、緑色が身体、青色が精神を表している。


ということだった。

勉強になりました。


娘のプリントに
「障害者の人をかわいそうだと思いますか?(3択)その理由は?」との問いがあり

娘は「思う」に○をつけ

「私達が簡単に出来ることが障害者の人には出来ないから」と記入していた。



その質問の設定の仕方もどうかと思ったが

小5の娘の感じる正直な答なのだろうと思った。



今日実際にパラリンピックに出た選手と会い、いろいろな話を聞ける授業があるそうです。

娘はそこで何をどんな風に感じるのだろう?


障害者の人に出来て、今の娘に出来ないことがあるということを感じてこれるかな?

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。励みになります、よろしくお願いします
スポンサーサイト

COMMENT

普段気付かない小さな幸せにありがたみを感じながら
毎日感謝して生きていたいです(*´・ω-)bネッ!
授業で大切なもの感じとって来てくれると思います。
2009/11/04(Wed) 11:42 | あ〜たん☆☆ #tHX44QXM [Edit
私も息子には障害者の方はかわいそうなだけではないことが感じられる子になって欲しいです。そしてばあちゃんは小3の息子よりできないことがたくさんあるけど人生の先輩として尊敬すべき存在であることを感じて欲しいです。
2009/11/04(Wed) 13:44 | アオミカ #- [Edit
私まで 勉強させていただきました!
娘さん・・きっと優しい気持ちで菜にかを感じとられたと思います。
2009/11/04(Wed) 18:17 | うさぎ #- [Edit
あ~たん☆☆さま
> 普段気付かない小さな幸せにありがたみを感じながら
> 毎日感謝して生きていたいです(*´・ω-)bネッ!

簡単なようで難しいことです。人の痛みのわかる優しい女の子になって欲しいと思っています
2009/11/05(Thu) 07:35 | REOママ #- [Edit
アオミカさま
> 人生の先輩として尊敬すべき存在であることを感じて欲しいです。

本当にそう思ういますね。子供達が母のことを嫌いにならないように出来るのは
親である私達なんですよね。
子供達の前で醜い喧嘩を見せてしまったこと、今でも反省していますが
それも家族にとっては大切なことだったかな?とも思います。

2009/11/05(Thu) 07:38 | REOママ #- [Edit
うさぎさま
何かを感じてくれたらいいのですが。
どんな相手でも、素敵な所を見つけ尊敬できる子供になって欲しいのですが。
2009/11/05(Thu) 07:40 | REOママ #- [Edit
ふむぅ
 難しい問題に切り込んだね(笑)
ちょっと話はずれるけど 思い出した話。
6年の道徳の授業参観の時
短い命で終わってしまった子について話し合っていた。
道徳って 結論出さないんだよね。
結論は 最終的にみんなが感じたこと。
それが授業って おもしろいなぁと思った。
少ししか生きることができなかった子は
なんの為に 生まれてきたのか?
生まれてきて 幸せだったのか?

帰ってきて イルカに聞いてみたよ。
イルカの答え
「そりゃ そうでしょ。幸せだったでしょ。
本人はどうかわからないけど 
親は幸せだったと言うよ」深いねぇ(笑)

 心の襞が多い人になってもらいたいね。
2009/11/05(Thu) 12:07 | パール #- [Edit
パールさま
ここで返信しちゃうね。

イルカ君うちの息子に比べると、大人だなぁと思うことがたびたびあるなぁ。
こんな事言ったら怒られるかもしれないけれど
私は息子がおなかにいるとき(5ヶ月)のとき
大病して全身麻酔の手術をしたんだ。
生まれてくるまで、障害を持ってたらどうしようと気が気じゃなかった。
羊水検査で異常がでたら堕胎も考えた。
障害を持った子が、障害のない子より幸せになることはありえないと考えていたから。
正直言って今もそうじゃない!といえる自信はないんだ。
他人事では「きれいごと」も言えるけれど
障害者の方々が、自分の障害を受け入れるのにはとても苦しみもだえると思うから。

障害のあるなしに関係ないといえるのかもしれないけれど
でもないに越した事はないじゃないかと思ってしまう私。

うまく言えないし、そんな簡単な話じゃないから今日はこの辺にしておく。

cocoさんやのんのさんにかなり叱られそうだ。覚悟しておくっっ
2009/11/06(Fri) 07:28 | REOママ #- [Edit
うあっ!来たなぁー
その意識が 私と付き合っていける所以だ(笑)
COCOも 全然きれい事を言わないよ。
たぶんこれを読ませたら 
「その通りですよぉー
障害なんかないほうがいいに決まっているじゃないですか!!」って言うしね。
でも REOママが COCO一家に遭遇したら
「かっこいい家族かも」と思うよぉ(笑)

2009/11/06(Fri) 16:42 | パール #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

REOママ

Author:REOママ














検索フォーム







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © RAINDROP All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。